群馬の建設業許可申請や更新、変更のお手続きは、鈴木コンサルタント事務所にご相談ください

許可申請に必要なものは次のとおりです

今や建設業の必須資格、建設業許可を取得しましょう

 

先に述べた要件が整えば許可申請を行いますが、申請には多くの書類が必要になります。申請方法や必要書類については県ごとに異なる場合がありますので、事前に確認ください。

 

建設業許可申請書について

建設業許可申請書には、申請したい種類や業種など、会社や個人事業の基本情報を記入します。

  1. 新規許可申請だけでなく、各種の変更や更新などに使用する重要な書類となります。
  2. 申請をする種類や業種を記入するものです。
  3. 屋号や代表者、本店の所在地といった基本情報を記入します。
 

経営業務管理責任者に関する書類

経営業務管理責任者に関しては、経営者、あるいはそれに準ずる地位にある者であったことや、その年数を証明する書類を揃えます。

  1. 取締役であった期間を証明します
  2. 常勤の役員等であった期間を証明します
  3. 取得する業種での実務経験を証明します
  4. 欠格要件に該当しない等、個人に関することがらを証明します。
 
建設業許可業者での経験を証明する場合に必要な確認書類
  1. その期間の建設業許可通知書
  2. その期間の決算変更届
 
建設業許可業者での経験を証明する場合に必要な確認書類

  1. その期間の工事請負契約書
  2. その期間の注文書と請負書
  3. その期間の税務申告書
 
ともに必要な確認書類
  1. その期間の履歴事項証明書および閉鎖事項証明書
  2. その期間における厚生年金被保険者資格証明
  3. 現在の履歴事項証明書
  4. 住民票
  5. 現在の健康保険証
 

現在の勤務先のみならず過去に勤務された経験も合算されますので、場合によっては過去の勤務先から書類を取得する必要があります。

 

経管・専技の要件についてのご相談承ります

専任技術者に関する書類

専任技術者に関しては、資格や経験年数に関する書類を用意します。国家資格者であれば問題なく、その資格の専任技術者になれます。特定の業種以外は2級の資格でも問題ありません。

 

資格者でない場合は、学歴や勤務年数を証明する書類が必要となります。専任技術者全員分を用意します。

  1. 国家資格を有することを証明します(国家資格があれば経歴等の証明は原則不要)。
  2. 学歴を証明します
  3. 取得する業種での実務経験を証明します
  4. 常勤での経歴であることを証明します
  5. 欠格要件に該当しない等、個人に関することがらを証明します。
 

営業所に関する書類

営業所に関しては、申請する個人や法人の事務所であることを証明する書類が必要になります。

  1. 自己所有であれば不動産登記簿で証明します。
  2. 賃貸であれば賃貸借契約書で証明します。
  3. 営業所を確認します。
 

会社に関する書類

会社に関しては、経営状況が確認できる書類を用意します。
定款を確認します。

  1. 直前1期分の工事経歴書を確認します。
  2. 直前3年の各事業年度における工事施工金額を確認します。
  3. 役員や株主等を確認します。
  4. 使用人の人数や使用状況(健康保険等)を確認します。
 

財務に関する書類

財務に関しては、建設業を継続して行える資力を有しているか確認できる書類を揃えます。

  1. 要件に適合する資本力等を確認します。
  2. 取引先金融機関の状況を確認します。

■事務所地図はここから

 

■お問合わせフォームはここから

 

メールで回答させていただきます

 

行政書士鈴木コンサルタント事務所

☎027-377-6089

★スマホからはこちらをクリック

 

新たなお取り引きを始めませんか。

このページの先頭に戻る

page top